たばこを吸う

加齢臭がキツくなる人の傾向としては、たばこを吸う方があげられます。

たばこを吸っている本人はあまり分からないかもしれませんが、たばこを吸わない人からすれば、喫煙する方は独特のたばこ臭がするものなのです。もちろん、これも悪臭の一つですが、たばこ臭と加齢臭は別物です。ただ、加齢臭にたばこ臭が加わるとさらに強烈なニオイとなってしまうことでしょう。

ただ、たばこを吸う方が加齢臭がキツくなるのは、これだけが原因ではありません。直接的に加齢臭そのものがキツくなる要因もあるのです。誰でも周知の事とは思いますが、たばこにはニコチンや一酸化炭素などの有害物質が含まれています。一酸化炭素は、過酸化脂質を増加させてしまう原因になり、加齢臭はこの過酸化脂質がニオイの原因であるノネナールを発生させますので、やはり加齢臭がキツくなってしまうのです。

加齢臭のニオイを軽減させる対策としては、食事でビタミンを摂るといいと言われますが、このビタミンはたばこの有害物質を中和する役割も担っています。そのため、食事でビタミンを摂取しても、それがたばこの害を解消する事に使われてしまい、ニオイの軽減に使われなくなってしまうのです。そしてたばこ自体が活性酸素を大量に発生させてしまうのですが、この活性酸素も過酸化脂質を増加させてしまう原因です。

たばこは百害あって一利なしと言われるもので、加齢臭だけでなく健康にも良くありません。ストレス発散になるという考え方もありますが、それよりも身体への害のほうがはるかに大きいのですから、やはりたばこを止めて他の方法でストレスを発散するようにしましょう。

コメントは受け付けていません。