お酒の飲み過ぎ

オヤジ臭には、お酒を飲んだ後のアルコール臭もあります。もちろん、アルコール臭はのんだアルコールが変異したアセトアルデヒドや酢酸のニオイであり、加齢臭は別物ではありますが、実はお酒の飲み過ぎも加齢臭のニオイをキツくしてしまう原因の一つです。

紫たまねぎ中年になると、若い頃よりもお酒を飲む機会が増えるものです。毎晩晩酌をするという人もいますし、仕事での付き合いや個人的な付き合いも増えるため、どうしてもお酒を飲む機会が増えてしまいます。もちろん、お酒を飲み過ぎることで、二日酔いになり、次の日もお酒臭さが残っててしまうこともあるでしょう。このお酒臭さも他人からすれば嫌なニオイではあるのですが、当然アルコール臭に関係なく加齢臭も発生しますから、普段から発生している加齢臭にアルコール臭が加わりさらに強烈なニオイを発生してしまうこともあるのです。

また、お酒を飲んで帰ってくると、面倒くさくてお風呂に入らないという人も少なくありません。翌日も二日酔いになっていると、そのまま仕事に行ったりする人もいるかもしれません。加齢臭はしっかり身体を洗って清潔にすることが大切なのですが、それも怠ってしまうと、どうしても加齢臭はキツくなってしまうことでしょう。また、アルコールは肥満を招くことにもなりかねないのです。

もちろん、お酒は付き合いに必要なものですし、適度であればストレス発散にもなるものです。そのため、お酒を止めろとは言いませんが、深酒はやめることと、休肝日をもうけること、そしてお酒を飲んだ翌日は、しっかりと身体を洗って加齢臭対策をしましょう。

コメントは受け付けていません。