動物性食品を好む

加齢臭がキツくなる人、もしくは平均年齢よりも早く加齢臭が発生してしまう人の傾向としては、動物性食品を好む人です。動物性食品というと、牛肉や豚肉などの肉類や牛乳やバターなどの乳製品などになり、これらを中心とした食事を摂取する方は加齢臭がキツくなる事が多いようです。

動物性食品は、どうしても脂肪分が多くなります。脂肪分が多いということは肥満体質にもなりやすいですし、皮脂の分泌量も多くなってしまう傾向にあります。活性酸素も発生しやすくなるので、どうしても加齢臭がきつくなってしまうのです。最近は食生活の欧米化が進んでいると言われており、欧米食はほとんどが動物性食品を利用したメニューが多くなってしまいます。そのため、どうしても肥満体形になりやすく、加齢臭もキツくなりやすいのです。
赤かぶ01
もちろん動物性食品は健康に欠かせない栄養素がたくさん含まれており、植物性食品だけでは摂取しきれないものもあります。そのため、一概に加齢臭が気になる方は動物性食品を摂取してはいけない、とはいえません。健康な体を作るためには、動物性食品も植物性食品も含めたバランスの良い食事が必要なのです。

ただ、前述のように最近は食生活の欧米化が進んでいますので、そういった傾向にあるという方はできるだけ植物性食品を多く取り入れた日本食を積極的に摂取するようにするといいでしょう。これはなにも加齢臭対策だけでなく、最近急増しているメタボリックシンドローム対策にもなるので、考えてみるといいでしょう。

コメントは受け付けていません。